戸籍のはなし


 みなさんこんにちは、今日は戸籍についてお話したいと思います。戸籍は私たちの身分などに係る重要な記録であることは、皆さんご承知のことと思います。戸籍には、出生から死亡までの結婚・離婚・養子縁組・国籍離脱・国籍取得など重要なプライバシ―が記録されています。そのことについて少しお話したいと思います。

1.戸籍の種類(その1)

 戸籍は、今はコンピュータ化されていますが、元々は紙の帳簿に記録されていました。戸籍の帳簿の仕組みをまずご紹介したいと思います。それぞれの戸籍の帳簿の意味が解ると市役所に戸籍を取りに行くとき少し楽になると思います。

(1)現在戸籍

 単に戸籍という場合は、有効に戸籍に記載されている方(帳簿上抹消されていない方)が1名以上あり、かつ、戸籍に記載されている情報が最新状態のものを指します。市役所や町村役場の窓口で、戸籍謄本や戸籍抄本を請求した場合は、この戸籍の帳票が交付されます。他の戸籍帳簿と明確に区別する場合には、現在戸籍という言い方をすることがあります。

(2)改製原戸籍

 戸籍は紙の帳簿でしたから、制度改正などで戸籍の帳簿の書式や記載方法が変わると、役所側では戸籍の帳簿を作り直すことになります。このことを「改製」と呼びます。改製が行われて、新しい戸籍の帳簿ができると、それまでの戸籍は旧式になってしまいます。この旧式の戸籍を「改製原戸籍」と言い、廃棄されず役所内に保管されます。改製は何度か行われており、最近では平成年間に入ってからの戸籍のコンピュータ化のときに、コンピュータのデータに移行する時点の戸籍が改製原戸籍として各市町村に保管されています。これを特に「平成改製原戸籍」と呼ぶこともあります。平成の改製以前にも、第二次世界大戦終了後の家族法改正に伴い、昭和23年に改製が行われています。戦前にも、大正4年、明治31年、明治19年に改製が行われています。

(3)除籍

 戸籍に記載されている人が、死亡や婚姻などで他の戸籍に異動するなどして、戸籍上の全員が抹消(帳簿上×印が入った状態)されると、その戸籍はそれ以上変更することが基本的にはなくなります。そのような状態になった戸籍を「除籍」といいます。除籍は全員が抹消された状態で役所に保管されます。

2.戸籍の種類(その2)

項番1では戸籍の状況に応じた位置づけ別に戸籍を分類してみました。ここでは、それとは別な分類とその他の帳票を見てみたいと思います。

(1)戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)

 これは、戸籍に記載がある全員(全部)の事項を記載した書類になります。「謄本」とは原本の写しを意味していますので、原本として役所に保管された戸籍の全部を内容としており、省略も追加もないことを意味します。戸籍のコンピュータ化の際に「戸籍全部事項証明書」という名称を使用するようになりました。

(2)戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)

 これは、戸籍に記載があるうち、交付請求のあった特定の方の事項のみを記載した書類になります。特定の方の事項についてのみ証明していることになります。戸籍のコンピュータ化の際に「戸籍個人事項証明書」という名称を使用するようになりました。

(3)戸籍の附票

 私たちは引っ越しをしたとき、市役所や町村役場で転入の届をして住民登録します。住民登録を受け付けた市町村は、住民登録をした方の本籍がある市町村に住民登録したことを通知します。通知を受け取った市町村は、該当者の戸籍に新たな現住所を記録します。このように、戸籍には、出生から死亡までの全ての現住所が記録されていきます。これを記録している帳簿を、戸籍の附票と言います。

 もともとは紙だった除籍や改製原戸籍も、コンピュータ化するときにすべてイメージデータになっています。私たちに交付される証明は、イメージデータをプリントアウトしたものが交付されます。

3.本籍地の話

 お聞きになったことがある方も多いと思いますが、「甲子園球場の住所を本籍にした。」「皇居の住所を本籍にした。」などいう話が時折出てきます。この話から分かるように、本籍をどこにするかは、個人が任意に決めることができます。故郷への愛着から本籍を故郷においている人、合理性を重視して転居する度に本籍を変更する人など様々です。また、結婚などと関係なく、親の戸籍を離れて、自分自身の戸籍を設けることも問題はありません。

4.結び

 戸籍は、個人の身分や親族関係を証明する大切なものです。また、私たちがパスポートを作るときに、戸籍抄本を提出するのは、戸籍に記録されていることが日本国籍であることを証明することにもなっているからです。めんどうで読みづらいかも知れませんが、自分自身の戸籍については、大切にしておくべきかなと思います。

 本日も最後までご覧いただきありがとうございました。
 
(参考文献)
相続実務に役立つ戸籍の読み方・調べ方      小林直人・伊藤崇・尾久陽子・渡邊竜行
                                   2014年9月 ビジネス教育出版社
平成29年版 戸籍実務六法                       2016年10月 日本加除出版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です